コロコロ療法とは?

◆ワークショップの情報は>コチラ


コロコロ療法とは・・・

 

2016年5月に岡田裕子が、様々な臨床を元に提唱した健康法です。

 

人は気・血・水の巡りが良いと、

身体が軽くて「健康である」と感じ、

実際に病気になりません。

 

逆に気・血・水の巡りが悪いと、

身体が重く感じて「疲れ」や「痛み」感じ、

その状態が継続すると臓器に栄養が行きわたらずに、

病気になります。

 

その、気・血・水の流れを促進させたり、

滞りを改善するのがコロコロ療法です。

 

子ども用に開発された、

優しいローラー鍼(通称コロコロ)で、

全身の皮膚に、直接コロコロと気持ちよくマッサージします。

 

身体の巡りが良くなると、

コリや疲労が解消されるので、

元気に過ごすことができます。

 

また身体には感情がくっついているので、

そうした感情エネルギー(邪気)も祓うことができ、

心も軽くなって参ります。

 

身体はお宮、

経絡(気の通り道)は参道

としてコロコロ療法では捉えているので、

 

コロコロ療法とは、

身体巡り(からだめぐり)とも呼ばれています。

 

どんな時にすればいいの?

身体をお宮と捉えて、毎日身体巡り(参拝)しませんか?

毎日、5分でもいいのでコロコロ療法をいていただくことをおすすめしております。

それは、毎日身体と心に疲労がたまるので、その日のうちにその日の疲労をとって

いただくと、毎日が元気に過ごすことができるからです。

 

 

今までの嬉しいご報告

・肩こり、頭痛の解消

・疲労回復

・快眠に

・足のむくみがスッキリ

・ダイエットに

・イライラ、心配しにくくなった(精神安定)

・リフトアップ

・乾燥肌がツルツルに

・髪の毛がしなやかに

・閃きが増えた

・仕事がはかどるようになった

・運が良くなった

・自己表現できるようになった

・夫婦円満になった

・金運がアップした

など